鈴木教則本を使っていると、1巻の後半と3巻の2曲目にこの曲が出てきます。

優雅で美しいメロディーの名曲ですので、しっかり練習してお得意のレパートリーにしましょう。

3巻のこの曲の後半(メヌエット2)は、ポジション移動もあり難しいので、しっかり練習しましょう。特に27小節は落ち着いて練習しましょう。