先にstage1についていろいろ書きましたが、stage2、stage3についてはあまり書くことは無く、どんどんいろんな曲を練習してレベルアップしてゆくステージです。

stage1でイ長調からト長調まで練習しましたが、stage2、stage3ではイ短調、ハ長調、ニ短調、ヘ長調、ト短調、変ロ長調等も練習しましょう。

鈴木教則本2巻と3巻は非常に良い選曲になっており、基本的には鈴木教則本の2巻と3巻を前から順番に練習してゆくのがベストだと思います。

ポジション移動を使ってビバルディの協奏曲等を練習するのがstage4からと定義するなら、鈴木教則本4巻前半のザイツの協奏曲までがstage3と考えるのが自然かもしれません。

つづく