今日はE-durを練習する時間が無くなってしまったので、数日前のレッスンで思ったことを。

鈴木教則本に沿って練習する場合、弓の持ち方、楽器の持ち方ができたら次はタカタカタンタンの練習に進むのですが、この16分音符4つと8分音符2つの「タカタカタンタン」を、最初はよりわかりやすく、「さげあげさげあげさーげあーげ」と言うのですが、何度も言っていると疲れるので、適当なタイミングで「タカタカタンタン」に切り替えます。

この時、いきなり切り替えると「タカタカタンタン」という言葉をはじめて聞く生徒さんとしては「タカタカタンタンとは何ぞ?」という疑問が湧くので、ちゃんと「さげあげさげあげさーげあーげは、リズムで言うとタカタカタンタンなので、これからはさげあげさげあげさーげあーげの代わりにタカタカタンタンと言いますね」と一言説明を入れる方が良いなと思いました。