3ページ目も特に難しい所はないと思いますが、最後の方に2音だけですが、フラジオレットが出てきます。

一弦のゼロとサン、同じく一弦のイチとヨンで弾くフラジオレットですが、フラジオレットとしてはそれほど難しいものではないのですが、失敗するとものすごく目立つので、絶対に失敗が許されないフラジオレットです。

なので、絶対に失敗しなくなるまで練習せざるを得ないので、とても良いフラジオレットの練習になります。

フラジオレットを使う曲と言えば、チャールダーシュやチゴイネルワイゼンが有名ですが、それらを弾くための練習曲としてもエチュード・カプリスの3番はとても良いと思います。