きつねさんのおてて→松脂練習→楽器の持ち方→1弦の短めのロングトーン→2弦の短めのロングトーン→1弦のタカタカタンタン→2弦のタカタカタンタン→1弦と2弦を交互に弾くタカタカタンタン、そしてこの後、いよいよ左手の指を押さえてのタカタカタンタンの練習に進むわけですが、この時、1弦から入るか2弦から入るか。

鈴木1巻では2弦が先になっているのですが、私はとなりの弦を弾いてしまうリスクが少しでも少ない1弦を先にレッスンしていました。しかし、左手の指の押さえやすさを考えると2弦が先の方がいいかもしれません。このあたりは生徒さんの様子を見ながら臨機応変に対応すべきところのようです。