バッハ無伴奏は、パルティータ3番のブーレ→同ジーグ→パルティータ2番のジーガと進む予定にしていたのですが、思ったよりパルティータ2番のジーガが難しく、パルティータ3番のジーグがだいたい弾けるようになったら、少しバッハ無伴奏をお休みして、基礎練習として夏の3楽章とエチュード・カプリスをやりながらスペイン交響曲の5楽章、スプリングソナタ、バッハのホ長調コンチェルトのうちのどれかを練習するという流れに変更しようと思います。

バッハ無伴奏はそれら3曲のうちのどれかが仕上がったら、パルティータ2番の中のどれか1曲又は数曲、あるいは全曲、もしくはパルティータ3番のプレリュードかガボット・エン・ロンド、ソナタ3番のラルゴあたりをやるのが良いのではないかと思います。そして、頃合いを見計らってメンデルスゾーンを3楽章から順番に仕上げてゆくか、あるいはモーツァルトの4番をやるのが良いのではないかと。