フラジオレットも精度を上げるために、単純な音階とアルペジオに加えて、ゼロイチニサン、ゼロとサンのフラジオレット→イチニサンシ、イチとヨンのフラジオレット→セカンドポジションでイチニサンシ、イチとヨンのフラジオレット→サードポジションでイチニサン以下同様という練習をはじめました。