いわゆるドッペルの1楽章。鈴木教則本では4巻の最後に第二ヴァイオリン、5巻の最後に第一ヴァイオリンという形で収録されていますが、かなり微妙な所だと思います。

第二ヴァイオリンもかなり難しく、本当にちゃんと弾きこなすためには7巻か6巻くらいの技術レベルが必要だと思います。7巻にはイ短調協奏曲が収録されており、同じバッハの協奏曲なので、さほど難しさは変わらないと思います。

鈴木教則本は1~3巻までは優れた点が多く、若干の練習曲を補完すれば、おそらく最高の入門・初級用の教材だと思いますが、4巻以降はぜひとも弾いておきたい曲(夏の3楽章、エチュード・カプリス、金婚式、カノン、バッハ無伴奏、等)が収録されておらず、ヘンデルとモーツァルトの割合が異常に高い、意図のよくわからない微妙な選曲、曲順が多くなってくる等、あまりおすすめできません。

入門・初級は鈴木教則本を中心に、中級・上級は夏の3楽章、エチュード・カプリス、バッハ無伴奏を中心に定番レパートリーを仕上げてゆく、という流れが一番良いと思います。