新しいカリキュラムがほぼできたので、新しいカリキュラムに沿って、最初から順番に解説を書いてゆこうと思います。


きつねさんのおてて

バイオリンを長いこと弾いていると最初のレッスンで何をやったかなど忘れてしまうと思うのですが、私はカルチャーで多くの生徒さんにレッスンさせていただいているので、今も頻繁にきつねさんのおてての説明をしております。

右手の親指の先と中指、薬指の先をくっつけるような形にして、その親指と中指、薬指の先で弓をつまむようにして持ちます。その時、親指は元弓のフロッグと黒い巻き皮の間の木の部分に、弓と直角に当て、中指、薬指とで弓を挟むようにします。

基本的には親指、中指、薬指の3本の指でまず弓を持って、それから人差し指をやや巻き付ける感じで弓に当てて、小指は指先を弓の上(フロッグの反対側)に乗せるようにします。

教科書の写真やビデオ等をよく見て、綺麗な形で弓を持てるように、しっかり練習しましょう。最初はボールペン等で練習するのも良いと思います。

お手本と同じように弓が持てるようになったら、弓を胸の前に水平に、毛を下に向けて持って、左手でも先弓の方を持って、左右にめいっぱい動かす練習をしましょう。右手の弓を持つ形が崩れないように気をつけてください。手首の関節をうまく使って、弓がまっすぐ水平に動くように練習します。

次は、弓を顔のすぐ前にまっすぐ立てて持って、毛を顔の方に向けて、鼻のすぐ前あたりからめいっぱい、まっすぐ上と下へ動かす練習をしましょう。それが終わったら松脂練習に進みましょう。