タカタカタンタン

バイオリンをはじめてすぐの時は、先弓や元弓まで無理に使おうとせずに、中ほどの、使いやすい所を使って練習しましょう。

弓の扱いに慣れたらバイオリン本体の持ち方の練習に進むのですが、その前に松脂でしっかりタカタカタンタン(さげあげさげあげさーげあーげ)を練習しておきましょう。

バイオリン本体を弾くと最初は聞き苦しい音が出てしまう場合が多いので、松脂練習で弓をある程度コントロール出来るように、前もって練習しておきましょう。