左手の指を押さえる練習、その2

左手の指を押さえる、ではなくて、正確には左手の指で指板を押さえて弾く練習なのですが、ここでは慣例的に左手の指を押さえる練習と書いています。

バイオリンでは、左手の指の押さえる場所によって音程が決まるので、左手の指を押さえる練習は非常に大事です。

お手本のビデオや写真、あるいは先生の左手をよく見て、上手に押さえることができるよに、しっかり練習しましょう。

最初は1弦から練習をはじめるのがいいと思いますが、もし2弦の方がやりやすい場合は2弦からはじめてもいいと思います。3弦、4弦は難しいので、まず1弦と2弦がしっかり練習できてから、3弦、4弦に進みましょう。

まず1の指(人差し指)から練習をはじめて、1の指をちゃんと押さえることができたら、1の指を押さえたまま2の指(中指)を押さえる練習をしましょう。1の指と2の指がしっかり押さえることができるようになったら、2の指のすぐ隣を3の指で押さえる練習をしましょう。

最初は右手は使わずに左手だけで、音を鳴らさずに練習してみましょう。それができるようになったら、まず1の指を押さえて右手で弓を使って音を出す練習をしましょう。ゆっくり、中弓で下げ、上げ、下げ、上げの練習、それからタカタカタンタンも練習しましょう。

1の指ができたら、2の指、3の指も同じように練習してゆきましょう。左手のフォームはできるだけお手本に近い、きれいな形を保ちましょう。しかし、あまりフォームにこだわりすぎず、1の指、2の指、3の指が押さえやすい左手の形でいいです。

とりあえず1の指と2の指を押さえて弾くことができるようになったら、開放弦と1の指と2の指だけで弾けるチューリップを練習してみるのもいいと思います。