開放弦のロングトーン

鈴木教則本第一巻では、クリスマスのうたの次に開放弦のロングトーンの練習が入っていますが、開放弦の練習は基本中の基本で、教則本にかかわらず、レッスンの最初、練習の最初に毎回する方がいいと思います。


イ長調の音階練習

鈴木教則本第一巻では、開放弦練習の次にイ長調の音階とアルペジオが収録されています。2弦ゼロから1弦サンまで上がって降りてくる最も基本的な音階です。実はバイオリンの場合、音階練習を綺麗な音程で弾くのは意外と難しく、むしろチューリップやかえるのうたやこぎつねやアメイジンググレイスの方が馴染みのあるメロディーであるため、音程はとりやすいと思います。もちろん音階練習は重要なのでしっかりやらなければいけませんが、音程をとる練習としては、弾きやすくてよく知っている曲を音程に気を付けながら何度も繰り返し練習する方が効果的だと思います。