アレグロ

鈴木教則本第一巻は8曲目のアレグロから無窮動、アレグレット、楽しい朝、習作と、鈴木先生のオリジナル曲が続きます。この5曲と4の指の練習、指の練習No.1、音階と分散和音ニ長調・ト長調を練習することによって、1弦と2弦のイ長調から2弦と3弦を主に使うニ長調、全弦を使って弾くト長調へとすすんでゆきます。

イ長調→ニ長調→ト長調とすすんでゆくには、イ長調で練習した曲をニ長調、ト長調で弾くというやり方もあると思うのですが、鈴木1巻のようにイ長調→ニ長調→ト長調をすすんでゆくためのオリジナル曲が用意されている場合は、それを利用するのも良いと思います。