シャコンヌは前半の重音奏法とアルペジオの印象が強いですが、229小節から240小節までの重音を含む16分音符、241小節からの3連音符のフレーズも大変難しいので、しっかり練習しましょう。

229小節から240小節までの重音を含む16分音符は全体的に難解ですが、特に238小節から239小節のポジション移動が入る部分はじっくり練習しましょう。

241小節から244小節までの16分音符の三連音符は、右手も左手も非常に精緻なコントロールが必要な難度の高いフレーズなので、何回も何回もしっかり練習しましょう。