タグ:stage4

ステージ4は中級編後半で、夏の3楽章の完成度を高めながらエチュード・カプリースの4番も練習を始めます。バッハ無伴奏はパルティータ2番のジーガ、サラバンド、ソナタ3番のラルゴ等、小品は愛の挨拶、タイスの瞑想曲、ハンガリー舞曲5番等、中級編の仕上げとしてスプリングソナタを練習するのがおすすめです。

いわゆるドッペルの1楽章。鈴木教則本では4巻の最後に第二ヴァイオリン、5巻の最後に第一ヴァイオリンという形で収録されていますが、かなり微妙な所だと思います。

第二ヴァイオリンもかなり難しく、本当にちゃんと弾きこなすためには7巻か6巻くらいの技術レベルが必要だと思います。7巻にはイ短調協奏曲が収録されており、同じバッハの協奏曲なので、さほど難しさは変わらないと思います。

鈴木教則本は1~3巻までは優れた点が多く、若干の練習曲を補完すれば、おそらく最高の入門・初級用の教材だと思いますが、4巻以降はぜひとも弾いておきたい曲(夏の3楽章、エチュード・カプリス、金婚式、カノン、バッハ無伴奏、等)が収録されておらず、ヘンデルとモーツァルトの割合が異常に高い、意図のよくわからない微妙な選曲、曲順が多くなってくる等、あまりおすすめできません。

入門・初級は鈴木教則本を中心に、中級・上級は夏の3楽章、エチュード・カプリス、バッハ無伴奏を中心に定番レパートリーを仕上げてゆく、という流れが一番良いと思います。

エチュード・カプリースの4番が大分弾けるようになってきたので、4番を練習しつつ3番も練習しているのですが、本当に良くできたエチュードだと思います。

ある程度バイオリンが弾けるようになって、サードポジションもできるようになったら、自分のレベルに合った曲をいろいろ練習しながら、夏の3楽章→エチュード・カプリース4番→エチュード・カプリース3番と練習を進めてゆくのが、最も早く上達するやり方だと思います。

ステージの見直し作業を続けているのですが、練習していると曲の難しさがよりよく分かってきます。

バッハ無伴奏はパルティータ3番のブーレ→同ジーグ→パルティータ2番のジーガ→同サラバンド→ソナタ3番のラルゴ→パルティータ3番のプレリュード→同ガボット・エン・ロンド→パルティータ2番のシャコンヌ→パルティータ2番全部、という順序を考えていたのですが、パルティータ2番のジーガが思っていたより難しく、ラルゴとサラバンドも、ラルゴはポジション移動の絡んだ重音があり、サラバンドよりもだいぶ難しいようなので、サラバンドは中級後編、ラルゴとジーガは上級前編に入れようと思います。

summer prestoを音階練習も兼ねて練習し始めたら、同じ四季の中の曲でwinter largoも練習しましょう、とおすすめしています。

とても綺麗な曲で、良い練習になるのですが、やはり音楽なので好き嫌いや、その人の演奏スタイルや音楽性に合う合わないということもあり、これからはwinter largoと金婚式とカノンの選択制(もちろん全部できたら全部やった方がいいのですが)にしようと思います。

16分音符をずっと弾き続ける夏の3楽章は、音楽としても魅力的ですが、練習用教材としても大変優れたものです。

ビバルディはバイオリン教師でもあったので、教材として利用することも考えてこの曲を作曲したのではないかと思います。

1ページ目は同じ音を続けて弾いたり、シンプルな音階が多く、それほど難しくは無いのですが、やはり早く正確に弾こうとすると、かなりの練習量が必要です。そして、練習を重ねることによって確実に演奏力がついてゆきます。

特に16小節の低音から1弦サードポジションのヨンの指に移るところはしっかりと練習することが必要です。

鈴木教則本の4巻の一曲目はザイツの協奏曲ト長調第三楽章です。

4巻前半はザイツで重音を練習して、4巻後半はビバルディでポジョション移動を使った本格的な演奏を練習するという流れだと思うので、私のレッスンではザイツの協奏曲はポジション移動は原則使わないことにしています。もちろん、ポジション移動を入れて弾きたいという生徒さんにまでポジション移動をやめて下さいとは言いませんが。

その代わりに、音階練習を3巻まで使っていたト長調ファーストポジションのみの練習から4巻の最初に収録されているニ長調のポジション移動の入った音階練習にして、音階練習でポジション移動を練習しつつザイツの協奏曲を練習して、力を付けてビバルディに進む、という流れでやっています。

ポジション移動がある程度できるようになった生徒さんにはsummer prestoとカノンをおすすめしています。

どちらもバイオリンの演奏技術を向上させるためには必須と言っても過言では無い良い曲ですが、あまりこの二曲が入った教則本を見かけません。もうこのあたりから教則本を離れてsummer presto、winter largo、カノン、etude caprice、無伴奏ソナタ・パルティータ等を中心に練習を進めてゆく方が良いように思います。

今日はこれまた十数年ぶりに金婚式を弾いてみました。

イ長調に転調するところが何とも言えずいい感じで、とても楽しく練習させていただきました。

バイオリン名曲31選の楽譜を使っていますが、主題の中のフラジオレットが2回目からなぜかサンの指で弾くように指示があるのですが、普通はヨンだと思います。フラジオレットの位置を正確に把握するための練習と考えればサンで弾くのもいいと思いますが。

鈴木教則本を進んでゆくと、4巻の4曲目でこの曲をやります。

流れとしては、ポジション移動やビブラートを本格的に練習する最初の曲という位置づけになるかと思うのですが、私の意見としては、この段階で練習すべき曲としては金婚式、カノン、summer prestoの方が、より良いのではないかと思います。

意見は人によって違うので鈴木教則本を4巻、5巻、6巻と進んでもいいかもしれませんが、また、私もそうやって子供の頃は7巻の終わりまで鈴木教則本を進みましたが、それよりも例えば、金婚式、カノン、summer presto、そしてエチュード・カプリス、バッハの協奏曲ホ長調、無伴奏パルティータ、スプリングソナタ等を順序よくやってゆく方がスムーズに上達するのではないかと思います。

↑このページのトップヘ