タグ:stage5

ステージ5は上級編前半。夏の3楽章、エチュード・カプリース4番に加えて、同3番、2番、パガニーニのカプリス24番等も練習して力を付けましょう。重音やフラジオレットの音階練習、左手ピチカート等も練習しましょう。

レパートリーとしては、バッハ無伴奏パルティータ3番のプレリュード、ガボット・エン・ロンド、パルティータ2番のシャコンヌ等、バッハのホ長調協奏曲、ラロのスペイン交響曲5楽章、メンデルスゾーンの協奏曲3楽章等がおすすめです。

いわゆるドッペルの1楽章。鈴木教則本では4巻の最後に第二ヴァイオリン、5巻の最後に第一ヴァイオリンという形で収録されていますが、かなり微妙な所だと思います。

第二ヴァイオリンもかなり難しく、本当にちゃんと弾きこなすためには7巻か6巻くらいの技術レベルが必要だと思います。7巻にはイ短調協奏曲が収録されており、同じバッハの協奏曲なので、さほど難しさは変わらないと思います。

鈴木教則本は1~3巻までは優れた点が多く、若干の練習曲を補完すれば、おそらく最高の入門・初級用の教材だと思いますが、4巻以降はぜひとも弾いておきたい曲(夏の3楽章、エチュード・カプリス、金婚式、カノン、バッハ無伴奏、等)が収録されておらず、ヘンデルとモーツァルトの割合が異常に高い、意図のよくわからない微妙な選曲、曲順が多くなってくる等、あまりおすすめできません。

入門・初級は鈴木教則本を中心に、中級・上級は夏の3楽章、エチュード・カプリス、バッハ無伴奏を中心に定番レパートリーを仕上げてゆく、という流れが一番良いと思います。

フラジオレットも精度を上げるために、単純な音階とアルペジオに加えて、ゼロイチニサン、ゼロとサンのフラジオレット→イチニサンシ、イチとヨンのフラジオレット→セカンドポジションでイチニサンシ、イチとヨンのフラジオレット→サードポジションでイチニサン以下同様という練習をはじめました。

自分の練習の最後はオクターブ奏法とフラジオレット奏法の音階練習をしているのですが、特に2弦1弦のオクターブ奏法の音階の上の方が音程が合いにくかったのでドレミファソラシドドシラソファミレドドミソドドソミドドミラドドラミドドファラドドラファドド(最後だけオクターブの重音)を開放弦から→ファースト→セカンド→サード→以下同様、と上がってゆく練習に変更しました。これですこしオクターブ奏法時の音程の精度が上がると思います。

エチュード・カプリースの4番が大分弾けるようになってきたので、4番を練習しつつ3番も練習しているのですが、本当に良くできたエチュードだと思います。

ある程度バイオリンが弾けるようになって、サードポジションもできるようになったら、自分のレベルに合った曲をいろいろ練習しながら、夏の3楽章→エチュード・カプリース4番→エチュード・カプリース3番と練習を進めてゆくのが、最も早く上達するやり方だと思います。

ステージの見直し作業を続けているのですが、練習していると曲の難しさがよりよく分かってきます。

バッハ無伴奏はパルティータ3番のブーレ→同ジーグ→パルティータ2番のジーガ→同サラバンド→ソナタ3番のラルゴ→パルティータ3番のプレリュード→同ガボット・エン・ロンド→パルティータ2番のシャコンヌ→パルティータ2番全部、という順序を考えていたのですが、パルティータ2番のジーガが思っていたより難しく、ラルゴとサラバンドも、ラルゴはポジション移動の絡んだ重音があり、サラバンドよりもだいぶ難しいようなので、サラバンドは中級後編、ラルゴとジーガは上級前編に入れようと思います。

summer prestoを音階練習も兼ねて練習し始めたら、同じ四季の中の曲でwinter largoも練習しましょう、とおすすめしています。

とても綺麗な曲で、良い練習になるのですが、やはり音楽なので好き嫌いや、その人の演奏スタイルや音楽性に合う合わないということもあり、これからはwinter largoと金婚式とカノンの選択制(もちろん全部できたら全部やった方がいいのですが)にしようと思います。

16分音符をずっと弾き続ける夏の3楽章は、音楽としても魅力的ですが、練習用教材としても大変優れたものです。

ビバルディはバイオリン教師でもあったので、教材として利用することも考えてこの曲を作曲したのではないかと思います。

1ページ目は同じ音を続けて弾いたり、シンプルな音階が多く、それほど難しくは無いのですが、やはり早く正確に弾こうとすると、かなりの練習量が必要です。そして、練習を重ねることによって確実に演奏力がついてゆきます。

特に16小節の低音から1弦サードポジションのヨンの指に移るところはしっかりと練習することが必要です。

この曲は昔、カルチャーの生徒さんと練習していました。久しぶりに少し弾いてみたら、結構難しい、というか、弾きにくかったです。落ち着いて時間をかけて練習すれば、また弾けるようになると思いますが、、

この曲はyoutubeに良いお手本動画があるので、合奏練習曲としておすすめです。先によくお手本を見て、曲を頭に入れてから練習すれば、だいぶ弾きやすくなると思います。

私も今は他の曲で忙しく時間が取れませんが、また弾こうと思います。

軽快で陽気なメロディーの、楽しい曲です。

ワンボウスタッカートや素早いポジション移動を練習するのにちょうど良い曲なので、よく弾き込みましょう。

13小節は5ポジションから3ポジションへの移動と下げ弓から上げ弓へと返すタイミングがずれていることに注意して練習しましょう。

↑このページのトップヘ